読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

追いやる意思


 概念が後ずさりする。残る風景が引きずられ、記憶の中で加速し、仮想する世界も、外側で破裂し、懶惰な季節をかじり、空虚さにもだえる差から、最たるものを引き出し、物事に清廉としたものをふくませ、欺瞞をさえぎり、さえずる季節を尻目に、ことごとくに怨恨を放つだけに、遠因に引き出すものが、今を膠着させ、嗄声をうながし、自身の強度を保つべく、臨月から、ぐるぐる回った母体という宇宙空間から、仮説と定義の合間から、低劣な趣味や私論の間から、傍観者を生み出し、感応する現在に卑劣な支配が進み、国家が強調する愚鈍な契約や、権力から派生していく論理が誇張する市民的な改善から、改造されるだけの倫理観に渇望していく凍てつく身体は、最たる意味を損ない、そこかしこで強調される罪の意識から、誇張されるだけの道理に馳せる思いが、根幹を腐らせ、懐疑的な日常にニヒリズムを用い、構築される死へと向かう生命は、制限を用い、物事に横着な理論を突き刺す。 「認識される死は、境目を用い、モチーフとされる生へと軋轢を重ね、うがて羨み、崇めるだけの死へと狂騒する意識が現れる。」 同調される死は、やがて現在をもがき、刹那へと転じ、陰惨な価値から、陰惨な意味を引き出し、今に苛み、照合されるだけの意味へと愛を加速させる。あらがう現在に注がれる死へと向かう論理が誇張する意味を瓦解させるほどに、論調から、証拠を残さず、認証していくだけの意思から、淫蕩を繰り返し、生へと逃げ込み、あらゆる意味から逃走していく現在に倒錯していく意思をもぎ取り、徒労を繰り返し、肉迫していく現在に迫害され、剥離していく意思が、回帰を繰り返し、誇張されるだけの概念から倒錯し、乖離していく意思は、どこにも座標軸や、位置や意味を持ち込まずに、位置づけられるだけの答えや定理にもとづく可変から、開閉していく意識に改善されるべき意味と位置に降り注ぐだけの恐怖や不安を抜き取り、当該していくものへと回答を求め、死へと追いやられていくだけの現在に懸隔から、引き合いに出されるだけの価値へと対比されるだけの愛なども愛である、と宣言するだけのナルシズムが誇張する論理から、整合される月日に用いられる誇称が行為を傷つけ、現在に浸るだけの理論に横溢していく深淵から抜き取る意味に帰結していくだけの死が死と対立し続ける限りに、生きる事への混淆を終えずに、今にさまよい、意思を剥ぎ取られ、従うだけの意思へと後続していく。 「自ら選ぶ意味は、意思を用いずに、ただ対象とするものや、他者から生み出す総和や、強調から、誇張されるだけの生死へと兌換される紙幣や貨幣に秩序を持たせ、用いる言動や、隔離される現在の監獄へと入れ込まれる儀式的な公約や、硬直していく現時点と対立し、傍観していくほどに、魯鈍な誇示を繰り返し、朗唱されるものを信心するほどに、死へと逃げ続ける意識は、死の誘惑に負け、慢性的な憂鬱を抱える。」 重ねる死は、生を強くも弱くもさせる。うわべだけの愛が言葉を用い、何かを虐げ、支配の速度を増し、まがいものの真実や、修繕されない過去を追い求め、狼狽し、垂涎しては、苛む過去から、ここへとつながる憂鬱に裕福や、有する過去から貧寒なものを引き出し、今の憂鬱に支配されるだけの経路を生み出す脳内から、不潔なものを吸い込み、自らのあやまちに変えるようなペシミズムへと陥る隙間から、欺瞞は、不満足を加速させ、すべてを足かせに変え、世界を閉鎖的なものに変え、そこかしこにあやまちを生み出す。生きてみれば、遠い道のりも、能動するほどに、死を乗り越え、能動するほどに、動機は、浮遊し、俯瞰を責めるだけの陥落や、奸悪を飛び越え、陶然たる心地で行為にもとづくものを愛しはじめ、恥じらいを用い、配備される間に誇張されるだけの愛が引き合いに出す対比から抜け出し、用いられる言葉に汎用し、あらゆるものに接続され、そこに送り込まれる愛が、ひとつのものに収まらず、何かを対象として愛するよりも、この場で回転し、懐疑的なものの強度を増すような憂鬱に荷担する以前に、自らの生命力にきたす意味を回転させ、その場で生きる強度を保とうと摩耗する現在に浸るよりも、悲歎に暮れ、空虚さを嘆くよりも、投げ売りされ、身売りするだけのニヒリズムに浸透するだけの意識に悲観するよりも、要する形に収まらずに、死が持ち出す喪失感を超えて、あらゆるものとは、今にいさかいを用い、境目を強調し、何かに同調させようと強調するほどに、露骨な支配は生まれ、視界を失い、見出せずに、導く意味に悲観していくだけに感応するものから、感情とは抜き取られ、誰かに操られるだけに至るようなものへと落ち込む。何かを対象に愛する事を止め、ただ現れるものを現れるものとして認識する先に追いやられた意思が虐げられずに、今に愛する奇跡だけが、おざなりにならずに、互いの愛へと引き取られていく意思だけが、確かなものを生み出し、今にもだえる意識も、言い分けがましく緩慢なものへと落ち込まずに、応じる答えへと有する意味を引き込んでいく。