読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時を乗り越える者

時間を超える意志的な現れ

転化


 眠る憂鬱も、遙か午前に消えて、低劣な支配の袂を分かち、かすむ記憶に互恵されるだけの査定が生み出す平等などには、目もくれず、くたびれた意思を迎え入れ、凍てつく身体に根ざす陰惨な形や、過去に押し寄せる現在の住まいや、衰亡するほどに迫るニヒリズムから脱兎し、迫り来る意思に住まう現実的なモーションをとらえ、絵空事に敷衍していく実情で覆い尽くす現在に比例されるだけの物証を破壊し、はびこる悪意へと旋回する意思的な終わりから、横溢する出来事がデータ化され、過失に酔いしれ、擁護され、統合されるだけの現実へと波形を伝え、いずれは、大きなもので飲み込むような反響が強固な意志を用い、伝える意思から、誇示するだけの後を押し流し、応じる答えにこじつけるだけのあいまいな意味から、意思は、疎外されるだけに至り、自らの意味を見下し、はびこる悪意へと転換されるだけの価値観にほふられ、自らを見失い、無下にする辺りから、ちりばめる星の意思から、何れかは、交わされる言葉により膠着し、やがて配布されるだけの意味に落ち着き、見出す意味に匂い立つゲシュタルトを破壊するまでの従属から、十全としたものは破棄され、やがて勝ち誇るだけの者が示すデカダンな価値に詰まる刹那がやがて、買い取られるだけの心身を硬直させ、高次に至らずに、定例のものに締結し、普遍性をうたうほどに、用いられる出来事に横着していくだけの輩が排除をうたい、用いる出来事に比べられるだけの対象として、他者からの総和を受け取らずに、請け売りな出来事へと安請け合いをして行くだけに枢要なものを損ない、ないがしろにされる自己とは、内面的な怯懦にふるえ、利己的なこじつけから、安易な支配を受け入れ、傾倒していくだけに至るような思想へと思考停止し、やがて価値を見失い、ただ諦観を用いるだけの意思的な支配を受け入れ、鬱積するジレンマや、自我や我を突きぬけ、伝うものへと排斥される抑圧されるだけに現れる自らが、自らに示す軋轢から、分裂していく意識は、破壊的な情緒を尻目に、頭につまった暗鬱を育て上げ、惰性なものを行き交わせ、自らをモニュメントへと変え、接続されるだけの安寧を求める観念から、ねじ伏せられるだけの退嬰的な人類の経路から、体系的なモジュールがショートし、証拠も無くなるまでの爆発する先々で締結していく意識が刹那に交わり、はじまりをうたい、用いる終わりへと引き込んでいくだけにおとずれるペシミズムが痛みを重ね、おとずれる諦観から、仮想するものへともだえるだけの意識的な終焉から、集結していくほどに、もつれる意図から、おとずれる位置へとずれていくデカダンな意思がピークを迎え、むしばむ記憶に育むべき意思を捨て去り、何かの奴隷として生きる方法論だけが、金言と共に跋扈し、場違いな意思が生み出す卑賎なものが示す安易な語源が策略を用い、苛むだけの記憶から、むしばまれる後先に定理を結び、低劣な結び目が膠着していく、とれない意図へと育むべき意味は、はびこる悪意を旋回し、尖鋭的なものを喪失し、疎外される意思は、才幹を損ない、相似するものだけを信心し、体系的なものへと陥り、組織的なものへと相違していくだけに隊列へと並び、戦争へと送り込まれ、抵抗を用い、安易な支配へと迎合していくだけに結末は、迎合されるものを預言として受け入れ、揚言されるものを信じ込み、浸透する意識に入り込む贋物の価値から、家畜化していく状態へと常置され、受信するものだけを信心するような安易な支配から、私情は、損なう限りの意味を膨脹させ、一切に破裂していくだけの真理から、やましいものだけを信じ込むだけに体制的なものへとへばりつく意味合いに既決していくだけの行為に戒律を生み出し、法的な囲いが、自由を用い、物事を支配的な隔離する辺りから、縮減を用い、収斂される善悪へと意図を破棄し、破壊的な照合を用い、蕭然たる様相に閉め出されるものが死滅するだけの細胞を集め、遺伝子にうながす情報から、嘔吐を繰り返し、腐る出来事から、観念は、関係性へと意図を結び、逸脱する果てに儚いものをつなげ、つくづくに迫る欺瞞から、犠牲心をうながし、真理を奪い、心因に迫る暗鬱な焦土から、焦熱された意識に迫る欺瞞から、硬直する意思が、際限を用い、物事を膠着させる辺りから、不満を用い、復元を迫り、狭い価値から、荷担するだけの意図へと暴徒化する意思が、不満をうながし、自由を用い、思想を操作し、相互する意識が、高揚感を伝え、つくづくに破壊行為を用い、行動を定例のものへと束縛し、起動されるだけに、闘争へと倒錯していく意思が錯雑なものへと投下される破壊兵器や、徘徊する意識に狭い価値をうながし、迫る意思に、凄然なものを与えるだけの制度の本質へと迫り、あらゆる支配の迎合から、荷担すべき税すら要らず、我々は生まれたままを愛するだけに終える事だけに、物事の真実を見出すべきである。