昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

やわらかい風

悲しみが詰まった放課後、自己犠牲の精神が、世界を破滅に追いやる頃、こじ付けられた罪により、時代錯誤に陥り、何にでも絶えず批判的であり、そこで維持するものに、足を引っ張られ、乱立する正しさや標識に騙されてばかりいるし、託されたものも、重い荷物に変わるだけだし、惰性で愛した君と日々の間、ケミカルな花を摘む魔女たちの総意、陰湿な化粧を施した森の中、けしかけられた罪を自覚するまでの距離に交わる意味や、陰湿な奴らが用いる正しさにより、捻じ曲げられた答えや、対価などを謳い、騙そうとする疎ましい大人たち、達成感などを弄る猫や、啓示なんかを利用し、羽交締めにされている若者たち、意識的なまどろみに住まうロジカルな孤独や、応用されるものに、引き摺られ、幾重にも絡まる答えや、あまりあるものを引き出し、悲哀に満ちた動機が加工する全体主義的な装具を装着して、誂えられた意味を崇めるためのセオリーや、慟哭する幼稚な挿入歌、犠牲的な彼女たちや、緩慢な真実に汚された感情的な街、カモシカやアシカたちが暴れる市街戦、馬鹿げた真理を用いては、奪われるだけの幼稚な理想、覚醒するために直す基盤、恒常的な思い出の最中、楽観的に歩き回る先々では、灰色に溶けた情念や、肺炎に苦しむ犬たちの忘我に住まう余韻が、互換性などを求め、今に走り抜けて行き、革命を謳う土竜や、今にあらがい続け、決して諦めないために、狂ってしまった私の全くに注がれる放射線ガンマ線や、緩慢な制限により、がんじがらめになってしまった先々で衝突を繰り返しては、自らの惨めさを飛び越え、あらゆる苦しみを解放するための戦士として生きる。f:id:jibmfmm:20240613024500j:image