昇華

時間を超える意志的な憐れや戯れ

圧迫

整合性もない結末に覆い被さるダイソン球、分裂していく意識を温める母親のような優しさだけが、永続して行き、逸脱する動機が忍ばせる思い出や、加工された面影、量子的な監獄に閉じこもる君、定期的な苦しみの化合物、論理的な状況に、孕む意味との接続、観念的な悪阻を繰り返す妊婦や、枯葉剤が降る故郷、造形や嫌悪感や、定めもなく彷徨う余韻、印象的な悔悟や、煩わしい憧憬、数々のジレンマが加速し、あらゆる悲劇を燃やし尽くす証拠、たどたどしい韻律や、支離滅裂な策略、倫理観なんてものを利用して、正しさを強要する奴らとの共鳴、腐敗した理由や、くたばるだけの現実、過信ばかりが林立し、遡及していく意味が孕む窮屈な今を突き破るためだけに、この命を費やして来たわけであるし、でたらめな今にとどまり、理性もなく追い求めるだけの動機を飛び越え、咎められることもなく、答えも持たず、こだわりすらなく、ただ、淡々と繰り返すたびに現れる、ことごとくの義務的な損傷や、社会的なものとの乖離だけを目指し、すべてを裏切っては、共存を謳っては、ただ、互いに依存するだけに至らせるためだけの、事柄との理由付けを求めるだけの奴らとの訣別を終え、定期的な諦観が現れては消え、機関的なものに収容されては、希望すら見失い、身動きも出来ずに、出来合いのものを崇めては、あらがう先に現れるものや、跪くしかないような現実との対立を深め、ふくよかな君の成熟した愛により、この、憎しむことしか出来ないような、現実を飛び越えては、対価を求めるだけの答えから飛び立ち、物事の抑揚に住まう物語を延々と和訳していく。f:id:jibmfmm:20240618040542j:image